これからの仮想通貨に求められるものについて

仮想通貨のこれからについてですが、恐らく仮想通貨の今後は、2極化が求められ、一つは国内通貨に代わる電子通貨になるということが考えられ、こちらについては仮想通貨の技術自体はおそらく従来のブロックチェーンによる通信での暗号化にとどまり、あくまで貨幣は単なる国内で使用する通貨であると定義づけられ、トレードによって価格が変動しないという物になると思われます。

その理由ですが、仮想通貨は副業でトレードにて収益を得ようと考えた場合、価格変動によって利益を得るしかなく、詐欺が横行しやすい理由はこの価格変動をうまく利用しての詐欺が多いが故国内通貨にする場合、価格変動が起きないようにする必要性があるのです。これを通常の貨幣と同じように扱った場合、ある時を境に全く現金として機能しない価格に仮想通貨がなり下がった場合、国家の貨幣を失ったのと同じになるため、あくまで仮想通貨は2極化してトレード優先の物と、単なる貨幣でしかない物になると思われます。

その上で、仮想通貨が今現在抱えている問題がまさに、貨幣になることが難しい点にあり、この理由は仮想通貨のシステムを利益優先で構築した場合、値が変動しない物への投資を誰が行うか、またはシステムを構築する際にかかるお金をどうするかという問題が生じ、欠陥だらけのシステムでは国家の通貨として安心できないという点がまさに今置かれている仮想通貨の立場であると言えます。

逆に、仮想通貨自体のシステム運用が安価になり、絶対に第3者が他者の通貨を横取りしたり、通過を抹消できないのであればこれは国家の通貨よりも安全であるため、国家の通貨としての役割を仮想通貨に与えることが可能です。

その為、今後仮想通貨に求められるものは2極化して行き、一つは国家の通貨に代わる物になるか、もう一つは今の現状を維持しつつ、トレードによって収益を得るための産物であり続けるかで、実のところブロックチェーンの技術自体はすでに確立されているため、医療分野や軍事事業の他その他ビジネスにおいて仮想通貨を用いて何かをするということは考えられないでしょう。

あくまで、仮想通貨に使われているブロックチェーンを利用して何かをすることはあっても、仮想通貨のトレードをしている事業者や開発者自体が仮想通貨を通して副産物を作り上げることは無いのではないかと思います。つまり病院であれば病院がブロックチェーンを生かして何かを管理したりをしますが、わざわざ仮想通貨の開発をしている会社に頼んでシステムを作り上げることはなくなるのではないかということです。

何故なら、病院と単にトレードを優先するだけの仮想通貨の運用システムではシステムの根本が異なるため、恐らく医師側がブロックチェーンを構築して医療システムを開発する人物を募り開発を進めていくと考えられ、トレードを優先するシステムを得意とする現在の仮想通貨の開発陣営は招き入れないのではないかというのが、今後の仮想通貨に求められるものだと思われます。